婚活必勝法

知って得する婚活必勝法!

婚活でパーティーやサイトなどを利用する際、ちょっとしたコツやポイントが成功のカギを握っています。
カップル成立、そして結婚へ向けてのおすすめ必勝法をご紹介します。

婚活パーティー編

プロフィールカードで好印象に!

婚活パーティー参加の第一歩はプロフィールカードの記入です。
このカードの記入の仕方によって、印象が良くも悪くもなってしまうので、この後のパーティーにつながることを意識して記入していきましょう。

プロフィールカードには、
名前・年齢・身長・学歴・職業・年収・出身地・居住地・趣味・特技・好きな芸能人などの項目があります。

記入可能な項目は全て埋めておくようにしましょう。
空欄が多いとかえって印象が悪くなってしまいます。
身長や年収など、中には正直に記入することをためらってしまう項目もありますが、100%正確に書く必要はありません。
あまり数字を盛りすぎてもいけませんが、およその数で記入している人も多いようです。

例えば、身長168cmを170cmに、年収380万円を400万円になどという具合で、この程度であれば、詐欺扱いされるようなことはないようです。

ただし、年齢のサバ読みはNGです。
特にアラフォー女性の方は年齢が上がるにつれて1歳でも若く記入したいところですが、ここは実年齢を書きましょう。
職業は「飲食業」「サービス業」などというざっくりとした表現よりも、わかりやすく表現して、話のきっかけがつくりやすいように工夫すると良いでしょう。
また、趣味や特技は、話のネタになること間違いありません。
必ず記入しておきましょう。
ただし、マニアックすぎるものやおしゃれすぎるものなどは、異性から共感を得られずかえって引かれることもあるので注意が必要です。

フリータイムで成功率をアップ

まずは自己紹介で好印象を与えましょう。

プロフィールカードと同じ内容をただ単に伝えるのではなく、それを元に「もっと話をしてみたい」と思われるように、明るくポジティブな表現を使ってアピールしましょう。

第一印象で気に入った相手と話せるチャンスができたら、趣味や特技など相手と共有できるものを探ることはもちろんですが、自分のこれまでの経験や能力が、将来的に相手にどのように活きるか、貢献できるかなどをアピールすることも重要です。
このとき、「アピール=自慢話」とならないようにすることだけは注意しておいてください。

婚活サイト編

婚活サイトを利用した婚活の場合も同じく、インターネット上で写真をアップしたり、自己紹介を入力したりして、自分のプロフィールシートを作成していきます。

サイト内で気に入った相手が見つかると、メールを送るというシステムになるので、このプロフィールシートの作成は、大変重要になってきます。
中でも最も重要視されるのは写真だと言われています。

もちろん、容姿の好みにより選ばれるということがありますが、掲載する写真によっては興味を示してもらいやすくなることもあります。
例えば、お見合い写真のようなきっちりとしたものではなく、旅行先で撮った写真や趣味を楽しんでいる写真などにすると、話のきっかけにもなるひとつの方法となります。

このほか、自分の希望条件は明確にしておくことも重要です。
曖昧な表現やストライクゾーンが広いと受け取られるような内容を記入すると、大量のメールが届くこともあり、その対応に追われてしまい、自分の好みに合う人を見つけにくくなってしまいます。

婚活サイトの利用者は増加してきているため、相手からのメールを待つだけでは出逢いはありません。
自分自身で希望に合う相手を見つけてアプローチしていくことが、成功への道です。